会社で英会話が必要に!通信制の講座で学んで解決

日本人が話す英語なら楽勝!

たどたどしい英語で自己紹介をしましたが、その下手さに我ながら呆れてしまった記憶があります。
実はその恥ずかしさが学習するための原動力になりました。
その外国人にとっては、英語が下手くそな日本人は別に珍しくはないはずです。
しかしプライドの高い私は、何だか笑われているような気がして奮起することになりました。
その講座の講師は次回も同じとは限りませんが、どのような相手であっても笑われるのは避けたいところです。
その気持ちに後押しされて、驚くほど真剣に取り組むようになりました。
その結果、これまでとは違った手ごたえを感じ始めます。
3週間ほど経った頃から、何となく聞き取れる英単語の数が増えた気がしたのです。
もともと英単語自体は頭にたくさん入っているのが良かったのでしょう。
少しずつ頭のデータベースに入っている英単語と相手の発音を結び付けるコツが分かってきました。
その勢いで1カ月間続けたところ、かなりの自信が付いたのは明らかです。
なぜなら英語による1回目の報告会が始まっても、少しも不安にならなかったからです。
外国人の流暢な発音に比べたら、同僚の話す英語を聞き取るのは非常に簡単でした。

参考書で勉強しても会話は上手くならない英会話の下手さに落ち込む日本人が話す英語なら楽勝!