会社で英会話が必要に!通信制の講座で学んで解決

英会話の下手さに落ち込む

唯一成果があったのはTOEICの点数が上がったことぐらいです。
しかし点数を上げるために特化した書籍だったので、英会話の能力がアップしたという実感はありません。
そのため抜本的に学習方法を見直す必要があると感じたことを覚えています。
当時はインターネットがすでに普及していたので、それを利用した学習方法がないかと探してみました。
その結果、参考書よりは高いけれども、英会話スクールに通うよりは安い講座を発見したのです。
申し込みを終えて開始すると、一人の外国人が画面に現れました。
たしかアジア系のカナダ人の男性だった気がします。
彼は急に英語で話し始めたので、とりあえず聞くことにしました。
自己紹介だと分かりましたが、名前と出身地ぐらいしか聞きとれません。
それを終えると彼は黙ってしまったので、当時の私はどうすれば良いのか分からない状態です。
そもそも動画だと考えていたので、通信が途切れてしまったと勘違いしました。
そうすると、突然また画面の外国人が話し始めたのです。
次はぎこちない日本語で、私に自己紹介をするように促してきました。
そこで初めて動画でないと悟り、パソコンに内蔵されているマイクに向かって挨拶をしました。

参考書で勉強しても会話は上手くならない英会話の下手さに落ち込む日本人が話す英語なら楽勝!